タグ: 第三講:アッラーだけを崇拝の対象とすべきであり、さもないと多神教徒になる危険がある - ファドルアッラーなかみち

説明

第三講:アッラーだけを崇拝の対象とすべきであり、さもないと多神教徒になる危険がある - ファドルアッラーなかみち

1.「クルアーン」鉄章(1節〜2節)は言いま+、天にあり地にある凡てのものは、アッラーを讃える。梢にかれは偉力ならびなく英明であられる4天と地の大権は、かれのものである。かれは生を授けまた死を授ける。かれは凡てに就いて全重であられる2ー「クルアーン」蜜蜂章(123節)で、アッラーは预言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)に、こう啓示しています。そこでわれはあなたに啓示して“純正なイブラーヒームの道に従え”と(告げた)、かれは、偶像信者の仲間ではなかった 。

ニュース